まさか自分が

あなたをしっかりサポート!家財保険は賃貸住宅にお住まいの方に様々な損害を補償します。ここからアクセス!

まさか自分が障害を持つことになるなんて思っても見ませんでした。
今まで30年間生きてきて一度も入院などしたことがなく、いたって健康体で過ごしてきました。大きな怪我なども経験することなく、漠然とですがこれからもこうやって健康的に生きていくことができると思っていたんです。
そんなわたしの生活はある日突然一変しました。
事故のことはよく覚えていないのですが、後から聞いた話だと信号待ちをしているところにいきなり車が突っ込んできたみたいです。
目覚めたときは病院のベッドの上。そしてわたしの右脚がなくなっていることに気が付きました。
1ヶ月経ち、精神的には少し落ち着きを取り戻しましたがこれからどうやって生活していけばいいのか不安でいっぱいでした。
妻と中学生の娘がふたり。妻は専業主婦ではなく、正社員として働いているのでそれなりに家庭の収入はありますが妻の収入だけでは毎月の生活はとても厳しくなるでしょう。
娘達もこれから高校、大学とまだまだ費用がかかります。さらに家のローンもまだまだ残っています。
前と同じように働くことは無理でしょう。わたしが家族を支えるどころか家族に支えられて生きていくことになるんです。いっそ死んでしまっていたらよかったのになんて思った時もありました。

でもそんな我が家にも希望の光が見えたんです。それがわたしが加入していた生命保険と障害年金の存在でした。
わたしが加入していた生命保険は、主に死亡時の保障をしてくれる保険なのですが、障害が残った場合についても保障してくれる保険だったんです。
さらに障害年金という制度。老後に受け取る年金とは別に、障害が残ってしまった場合にも障害年金として保障を受けることが出来るみたいなんです。

これからの生活にかなり不安を抱えていましたが、わが家の収入をサポートしてくれる生命保険と障害年金の存在によって少し安心することができました。

生命保険の相談を京都でお探しの方は保険おまかせ隊を利用しみましょう。たくさんお店が載っているので見つけやすいですよ。


Powered by WordPress | SimpleGround Theme by VisionGround.com